スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと真面目なお話 椎間板ヘルニア

ここ数ヶ月ダックスフンドで椎間板ヘルニアを発症された
オーナー様が数件御来店されました
ダックスフンドで代表的な疾患にあげられている
「椎間板ヘルニア」
大まかに言いますと
骨と骨の間にあるクッション的な役割でゼリー状の椎間板物質が
色々な原因によって固くなり
突出して神経を圧迫する病気です
重症な子では麻痺が起こってしまいます (ノ(ェ)'。)

ダックスフンドは胴長短足でその体型から背中に負担がかかりヘルニアを
引き起こすと言われている事が多いのですが・・・・

過激な運動や無茶な体勢をとりつづけるとヘルニアを発症してしまうのは
どの犬種にも当てはまる事だと思っています
胴長短足犬種に限られた事ではありません
人も辛い体制で同じ作業を長い月日続けるとヘルニアを発症してしまいます

もう1つの原因は、肥満・カルシウムの取りすぎ・塩分の取りすぎ等で
ゼリー状のクッションが固くなってしまう事

そして最後の原因は・・・遺伝によるものです

こんな感じで原因は様々な椎間板ヘルニアです
大切な愛犬の苦しむ姿に心を痛めているオーナー様を思うと
本当に辛くなってしまいます
今から予防できる事も多いと思いますので
何か不安なことなどありましたら、ご相談頂けたらと思います('(ェ)'*)

今日もカニのあずきさぁ~ん
a55_20080604205744.jpg
一応オスマシ中(笑)


雨だぁねぇ。・°°・(σ_σ、)・°°・。 | Home | 看板犬なあずきさん♪

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。